えがおのわ 2020年02月

父母連の会員の皆さまへの情報伝達と、父母連会議(2020/02/15)の会議資料を兼ねて作成しています。

父母連会議は19時開始で、10分ほどで情報伝達を終わらせます。そのあとは来年度の係の分担について60分ほど説明と議論を行いたいです。最後に30分程度、各学校の引継ぎを効率よくするためのツールやノウハウについて意見交換をしたいです。ご家庭などのご都合がある方は、適宜抜けていただいて大丈夫です。議事録は父母連で作成し、1-2週間以内に公開するので、ご自身の学校にはそれを共有してください。

1.執行部からの連絡・会長あいさつ

2020年最初の会議ということで、今更ですがあけましておめでとうございます。気づけば今年度もあと1か月少しになってしまいました。3年生の保護者の方々はついに学童が終わってしまいますね。1-2年生の保護者の方々は、来年度の係決めで不安になっている方も多いでしょう。

父母連は学童生活を改善するためにお互い助け合う組織であって、不安や負担を生み出す組織にする意図はありません。皆さんの不安を払拭すべく、係の負担を減らした上で「これならやれそうじゃないですか?」と提案を出すつもりでしたが、12月の会議が終わって、お正月でだらけたり、仕事に打ち込みすぎたりして、思っていたほど変革できないまま2月を迎えてしまいました。。

今月の父母連会議では、来年以降の運営しやすい体制の提案と、これから各父母会で発生する引継ぎを支援するツールの提案をします。(執行部:小林)

2.小平市への要求書の正式書面回答をいただきました

10月に小平市の子育て支援課と意見交換会を行いました。(議事録は父母連ブログで閲覧可能です)

交換会の口頭回答に加え、正式な回答を市から書面でいただきました。これまでは次年度の総会議案書に掲載しておりましたが、小平市よりウェブで公開して問題ない、という連絡をいただいたため、父母連ブログにも掲載しています。

3.三多摩会議の報告

毎年、三多摩会議係を任命して、毎月三多摩地区で開催される会議に参加いただいておりました。ただ、会議は執行部の参加を想定した内容でした。そこで今後は執行部が参加し、三多摩会議係の派遣を取りやめます。(ただ、執行部も手間が多いので、参加できるときは参加する、という方針にします)

ちなみに小平市は2020年5月の三多摩会議の主催になるので、ご都合つく方は覗きに来てみてください。

4.保育誌のご案内

父母連費で購入している保育誌「日本の学童くらぶ」をクラブ毎に1部配布します。4か月分あるのでお持ち帰りいただき、回覧してください。
最新2月号の特集は「第54回全国学童保育研究集会 in 京都」のレポートです。

5.2020年度の係決めの前に、現行の係の一部廃止に関する議論

出来る限り、2/15の父母連会議の場で、次年度父母連の係の割り当てを各校にお伝えしたいです。ただ、現状の係をそのまま引き継ぐことを現執行部は躊躇しています。係の見直しについて議論をした上で、割り当てを決めたいと思います。

まず、父母連に関わる保護者の負担を減らすべく、代々引き継がれていたけど「無くてもなんとかなる」係を廃止または縮小しようと思います。

「保育係」を廃止しませんか?

「毎回の会議の保育」を廃止して、保育係を廃止することを提案します。

これまで、子連れで参加する必要がある方向けに保育を提供してきました。でも、会議進行や議事録の共有を工夫することで、出席できなくても何とかなる父母連会議に変えてきたつもりです。無理にお子さんとの時間を犠牲にしてまで出席するのはやめませんか?

どうしても保育が必要な場がある場合は、有償の保育サービスを利用しませんか?2020年度は移行期間として、輪番で保育部となる学校には保育サービスを探していただきたいです。(係による保育は不要です)

「レク係」を廃止しませんか?

小平市の学童全員を楽しませるイベント、必要でしょうか?父母連のレク係は廃止することを提案します。
歴代のレク部(旧運動会部)の方々は、入念な準備のもと子どもが喜ぶイベントを開催してくださりました。でも、毎年続けるには負担が大きすぎないでしょうか?持ち回りでレク運営を誰かに負担させ、その負担を理由に父母連を脱退する保護者を増やしたくありません。
今後、学童間の交流やレクリエーションのニーズが高まってきたら、必要な体制を組むこととし、2020年度は設置なしとしたいです。(次年度レク係に予定されている輪番はそのまま担当無しとしたいです。)

6.係の分割について

前項で、係の廃止について問題提起をしていますが、現行の係を分割することも必要と感じています。(ひとつひとつの係の負担を減らしつつ、係の数はあまり減らないことになってしまいます)

渉外部は要求書・イベントに専念し、残りを庶務部に

渉外部は、要求書作成・意見交換会の運営・三多摩フォーラムの出席取りまとめ・保育誌購読事務など、担当範囲が広く、負担が高くなりがちです。小平市への意見交換会を主業務にして、他の仕事を新設した「庶務部」に移そうと思います。新渉外部の主業務は、各父母会の要求を取りまとめた要求書作成と意見交換会の運営に絞ります。三多摩フォーラムに関する業務は、渉外部の三多摩フォーラム係で引き続き担当予定です。(部に近い扱いになるかもしれません)

書記部は印刷業務を印刷部に移譲する

配布物の電子化に伴い、書記部長の役割は「会議の議事録作成&会議の議事録Web公開」に変わりつつあります。
現在、書記部が会議の配布物印刷も担当しています。ただ印刷担当者が毎回異なる保護者で、書記部長が印刷機の使い方を説明する引継ぎの手間が発生しています。次年度から書記部が「書記」に専念すべく、「印刷部」を新設したいです。新書記部は、パソコンで文章を書く仕事が多めになります。

7.新設される係の説明

渉外部から分割された「庶務部」と書記部から分割された「印刷部」の想定業務を説明します。

庶務部 (会議室予約+書類郵送)

保育誌の購読まとめ、招待状を市議に送るといった「庶務」です。会議に出席する必要はほぼなく、期日までに家でコツコツやる作業が多めです。また、年間を通じた父母連会議の会議室予約も担当いただきます。現在、渉外部で詳細案を練っていますが、執行部担当校以外から、2校、合計10名程度選出しようと考えています。

もともと「渉外部」の非部長校になる予定だった学校を明示的に「庶務部」と選出します。

印刷部 (会議の配布物印刷)

年6回程度開催されている父母連会議前に小平市中央公民館に来て、配布物を印刷します。2018年度は2000枚で2時間くらいかかっていましたが、電子化が進み、2019年度は30分程度で済んでいます。印刷が終わったら帰って大丈夫です。

会議の回数(7回を予定)にあわせ、2名×7回=14名ほど選出予定です。(今後さらに電子化を進められれば廃止しうる係です)

もともと「書記部」の非部長校になる予定だった学校を明示的に「印刷部」と選出します。

8.来年度の予算の方針(父母連会費の減額)

レクの廃止、電子化による配布物・会議費の削減により、来年度以降必要となる父母連会費は減少予定です。現行1世帯450円の父母連会費を、来年度から1世帯あたり200円に300円以下に引き下げようと考えています。

当初「200円」と記載していましたが、会議で説明した通り「300円以下に引き下げ」の誤りです。

9.今後の話 (総会の出席と、各父母会の年間報告をお願いします)

父母連は、2020年5月23日(土)に父母連総会を開催し、運営を新執行部へと引き継ぎます。

  • 各学校、代表者の出席をお願いします。(2020年度の役員の方が望ましいです)
  • 各学校の現在の執行部の方は、出席いただき、簡単に活動報告をお話いただきます。
  • 以下のフォームに各学校の活動報告を記載してください。締め切りは3/14です。

https://forms.gle/U28BNxyyvtxpV678A

次回父母連会議は、3月開催なしで4月18日(土)の開催です。新執行部の係決めを行います。4/18(土)の会議では、「総会議案書」を配布します。そこそこ分量があるので、受け取り要員をご用意ください。(2名で持ち運べる量のはずです)

10.質疑応答・意見交換

引継ぎシーズンの到来にともない、父母連側で提供できるツールや、ノウハウをブログにまとめました。是非お読みください。

父母連執行部が2019年に活用しているITツールのご紹介

ツールに限らず、引継ぎ関連のお悩み相談や、ご意見があればこの時間に議論します。