【簡易版】小平市との意見交換会(2019年10月25日実施)議事録

2019年10月25日に開催された小平市と学童父母連の意見交換会の簡易版の議事録です。別途フルバージョンの議事録も公開していますが、1万2千字を超える長文なので、簡略版も合わせて公開することにしました。

【意見交換会の大まかな流れ】

小平市の子育て支援課から課長含む5名、小平市議会議員9名、指導員30名超、保護者20名弱が参加し、19時〜21時20分頃まで意見交換を行いました。

父母連から趣旨説明と、要求書を一通り説明し、そのあと小平市子育て支援課より要求書への回答をいただきました。その後、参加者および父母連から子育て支援課との質疑応答を行いました。

この記事ではかなり簡略化しています。小平市の子育て支援課の回答が淡白・ぶっきらぼうに見えるのは、発言を簡略化したためであり、実際は真摯に丁寧に説明をしてくださったことを補足しておきます。

詳細は要求書全文を読んだり、完全版の議事録で、詳細はご確認ください。

 

1. 長期休暇中及び給食のない日の昼食の提供について

父母連の要求

長期休暇中及び給食のない日の昼食の提供(弁当注文等)を保護者主導で行うための支援をお願いする。

市の回答

学童クラブでは昼食の提供は考えてない。ただ、市の懸案を解消できれば保護者主体の弁当提供は妨げない。市と保護者と指導員で都度協議すること。

・最初は休暇の間に1-2回の小規模開催にしてほしい
・教職員の一斉休業日など避けてほしい日がある(非常時対応できないので)
・職員が集金や配膳はしないことを理解してほしい
・ごみの回収を考慮してほしい。
・食中毒対策はしてほしいし、保険にも入ってほしい。
・弁当時間は保護者が立ち会ってほしい。

2.児童の生活環境の改善について

父母連の要求

児童の生活スペースを確保してほしい。生活環境改善の年間計画を開示してほしい。

市の回答

スペース確保について
・教育委員会と協力して学校施設の利用など検討していく。
・市の既存の取組みでニーズを満たせるものを周知していく。
(既存の取組例として、児童館、放課後子ども教室、子ども広場など)
・学校外の公共施設の利用は小平市としては考えていない。

生活環境改善の計画について
・今年初めてエアコンの内部クリーニングを行うなど、着実に実施はしている。
・キッチン。畳、壁紙、エアコン、ネット設置など計画している。

3.学童クラブ受入年齢の引き上げについて

父母連の要求

(児童の生活スペースが確保できることが前提で)4年生まで受け入れをお願いしたい。学童以外の放課後の居場所を増やしてほしい。

市の回答

・定員割れの校で4年生の受け入れを施行中だが、応募予測が難しく、難航中。
・定員割れをした上宿小で4年生の受け入れを実施している。
・今後の受け入れについては入会児童数の予想が難しいため、その都度検討を行なう。

・「子育てガイド」という冊子を発行したので是非読んでほしい。
http://www.scinex.co.jp/wagamachi/loco/13211_kosodate/dl_pc.html

4.学童クラブの開所・閉所時間の拡大について

父母連の要求

保育園のように19時まで延長保育をしてほしい。

市の回答

・市の直営は嘱託職員を指導員として任用している関係で保育時間の拡大が困難な状況である。
・延長保育は指定管理(公務員ではない民間業者による運営)のところで進めている。

 

5.民間学童の誘致について

父母連の要求

民間学童を誘致してほしい。参入したい民間クラブはいるのか?

市の回答

・現状は補助金制度がない。誘致は困難な様子。

6.学級閉鎖時の健康な児童の受け入れ について

父母連の要求

学級閉鎖などでも子どもを預かってほしい。難しい場合、病児保育の年齢引き上げなども検討してほしい。

市の回答

・集団生活の感染症防止の観点から受け入れられない。
・病児保育の年齢引き上げをしても、引き上げで増える枠では学級閉鎖時の希望人数はとても賄えないので検討していない。

7.指導員の増員とクラブの指導方針について

父母連の要求

在籍児童の人数が増えている現状をふまえ、指導員を増員してほしい。またクラブごとの過度の保育内容の差異は是正してほしい。

市の回答

・指導員の予算は確保しているが応募が少ない状況である。
・指導員には連絡会など通じて研修している。
・何か問題があった場合、個別の対応も可能なので、指導員に尋ねるだけでなく、子育て支援課に直接連絡してほしい。

8.防災に関して

父母連の要求

台風等で学校の下校時間が変更された場合の学童開設を要求する。

市の回答

・台風時の扱いは現行通りとする。
・防災訓練などの取組は連絡会や研修を通じて、情報共有をしていく。

まとめと今後の予定

執行部振り返りでは2時間20分、有意義な意見交換ができたという声が上がりました。

要求を認めていただいた内容もあれば、どうしてもできない理由を説明いただいたものもありました。

父母連側として今回の要求書では、泣く泣く削った内容もあります。ニーズの高い要求が上がれば都度、支援課の皆さんと話していきたいと思います。

詳細な議論および質疑応答を確認されたい場合は、合わせて完全版の議事録をご確認ください。

 

また、市の回答は後日書面でいただく予定です。新年度に配布する「小平市父母連の総会議案書」に掲載予定です。

【完全版】小平市との意見交換会(2019年10月25日実施)議事録