2021年度の父母連役員担当校と年間活動案

1

コロナ禍の初期に、2020年度の父母連の役割分担をお伝えしました。が、そこから活動がほとんどないまま1年経ってしまい、改めて仕切り直します。

2021年の小平市の父母連の構想です。

父母連執行部の担当校と人数

新年度(2021年度)の執行部を、以下の体制でお願いしたいです。()内は目安となる選出人数です。

  • 会長校:8小(3~5名)
  • 渉外部:11小(3~4名)
  • 三多摩部:5小 (4名)
  • 保育部:14小+13小 (0名)
  • 会計部:花小+15小 (各校4名程度)
  • 書記部:2小 (3名)
  • 印刷斑:1小 (0名)

それぞれの係の大まかな役割は、以前の記事をご参照ください。

2020年度の父母連役員担当校と、翌年度以降の輪番

昨年想定からの変化点を以下に挙げます。

渉外部は、小平市への要求書作成がメインです。2019年度は9月頃に実施していましたが、小平市の予算策定とタイミングをあわせるべく、要求書作成を3−4月に移します。(任期終盤に大仕事があります)

三多摩部は、三多摩地域の父母連の連絡組織である「三多摩連協」との連携をする係ですが、こんなご時世のため、多くの役割は発生しません。例年は「三多摩フォーラム」というイベントの係員を務めていただきましたが、2020年はオンライン開催でした。(2021年は不明です。)

保育部および印刷班は、このご時世でデジタル化を進めるため、2021年度は選出ナシとします。

父母連の年間活動スケジュール(仮)

 

2021年2月に公開したスケジュール案に基づく2021年度の活動予定です。2019年度に行っていた、中央公民館で1−2ヶ月に1回開催していた会議は回数を大幅に減らす方針です。(以下の記事に記載のある「開催なし」とはいかない可能性があります)

2021年2月~2022年5月の父母連の予定構想

 

主なトピックを再掲します。

  •  2021/5:父母連総会を実施し、執行部交代
  •  2021/6:小平市への要望書の提出
  •  2021/6:父母連会費の振込期限(仮)
  •  2021/7:小平市との意見交換会
  •  2021/8:(小平市における予算案策定開始←要求事項が反映されたら嬉しい)
  •  2022/1:2022年度の要求書作成アンケートに向けて活動
  •  2022/4:小平市への要求書案の完成
  •  2022/5:父母連総会を実施し、執行部交代

※前年までの執行部による仮案です。新しく決まる執行部に確定いただきます。

1